【ニンニク】本当の二郎好きがうなる袋ラーメンが降臨した!「まぜ麺の匠 にんにく豚骨醤油DX」

スポンサーリンク




f:id:weviz7:20181206202508j:image

ニンニクいれますか?

 

見るからに凶暴なビジュアル

胃もたれすることはわかっていても手にとらざるをえないパッケージ

そりゃ買いますよ


f:id:weviz7:20181206202531j:image

 

日清の「まぜ麺の匠 にんにく豚骨醤油DX」

細かいことは置いといて、食欲とニンニク欲のままに以下をどうぞ↓

 

袋麺とあなどることなかれ

 

袋ラーメン…そこは魔境

魑魅魍魎が渦巻く混沌の闇

 

幽☆遊☆白書に例えると、三田二郎が雷禅(闘神)クラスだとすれば

袋ラーメン界には飛影や北神のS級から、剛鬼や乱童などのショボいクラスまで幅広く存在する

 

その中に舞い降りた、おそらく妖狐になった蔵馬クラスの袋ラーメンです

 

「凶暴」のひとこと

 


f:id:weviz7:20181206202619j:image

 

茹でた麺にかけたタレ

この時点で兵(ツワモノ)と見ていいでしょう


f:id:weviz7:20181206202618j:image

 

絡めました

ブラックペッパーっぽい匂いがハンパない

むせそう

 

アブラいれますか?


f:id:weviz7:20181206202553j:image

 

左にみえる、いかにも危険ですよ!って色をした赤い袋が「マシマシオイル」

にんにくとアブラをマシマシにするんですって、ひえぇ


f:id:weviz7:20181206202454j:image

 

マシマシた

これは…!見るからにアブラ!

そしてニンニク臭がすごいぞ!

部屋がくさい!

 


f:id:weviz7:20181209095047j:image

 

卵黄を乗せて…

 

いざっ!

 

実食

 

ああ〜!味濃い!ニンニク臭い!アブラぬるぬる!たまらんっ!!!たまらんよっ!

 

ツンとするブラックペッパー、ワイルドな醤油ベース、ヌルっとした食感

まぜ麺の…二郎系…


f:id:weviz7:20181209095034j:image

 

これ…胃袋をニンニクアブラと濃い味で満たしてくれる、このクラスのまぜ麺を家で食べられるのは貴重!至福!

 

問答無用で箸がすすみます

いや、止まらん

妖狐蔵馬クラスです

 

 

 

真骨頂の「トッピングし放題」

 

さて、まぜ麺・まぜそばといえばトッピング(アレンジ)

お酢やラー油、コショウ、タレなどで自分好みの味に整えていくのが主流

ということで家にあるものでアレンジにチャレンジ!

 

ゆず

 

まずは柚子(ゆず)

魚介豚骨系のつけ麺とは相性バツグンの柑橘類ですが、二郎系のまぜそばとはどうか?


f:id:weviz7:20181206202728j:image


f:id:weviz7:20181206202738j:image

 

よろしっ!相性よろしっ!

コッテコテだった麺に爽やかさをプラス!

というか最初から柚子入れてくれってレベル

 

しょうが

 

二郎では、今やなき大宮店などでも採用されていた生姜(しょうが)

ニンニクと並ぶ刺激ですが…


f:id:weviz7:20181206202809j:image

 

よろし!これもよろし!

こちらも味をさっぱりさせてくれる!

何よりニンニクと違ってピリッとした刺激がいいぞ!

 

ラー油

 

まぜ麺アレンジの王道、ラー油


f:id:weviz7:20181206202841j:image

 

まぁこれはアタリですよね

わかってました

ラー油の香りが鼻から抜けて香ばしくなる

 

うまい

 

マヨネーズ

 

最後はマヨネーズ

ジャンクガレッジなどでも採用されているトッピング


f:id:weviz7:20181206202928j:image

 


f:id:weviz7:20181206202850j:image

 

これもアタリ

絵面はちと厳しくなりますが、濃くてトガッた味をマイルドに仕上げてくれる逸品

 

うンまい

 

全部

 

そして全トッピング


f:id:weviz7:20181206202927j:image

 

はいウマイ

味濃い+爽やか+ピリッと+香ばしく+マイルド

浦飯幽助クラス、S級

 

 

完食

 


f:id:weviz7:20181206202946j:image

 

二郎好き、いや本当のラーメン好きなら必食

 

家で味濃い+ニンニク+アブラを楽しめるというだけでも最高ですが

トッピングによってさらにウマミがマシます

味をイジっても負けないというところに、本当のラーメン好きへの挑戦心を感じます

 

 

見かけたらぜひ手にとって、マシマシてみましょう