イボの凍結療法は痛すぎる!なんとかならんの?

スポンサーリンク



イボの治療は様々

 

 
f:id:weviz7:20180820105537j:image

 

3年以上イボの治療をしてきました

 

凍結療法に始まり、ヨクイニン、ハトムギ、市販のイボコロリ、スピール膏、レーザー治療、ブレオマイシン、などなど

 

一時期は足と手含めて10個ほどできていたにっくきイボ

治療のおかげか、いまは体からすっかりなくなりました

 

一番メジャーな凍結療法(液体窒素

 

やはりイボの治療といえば液体窒素

どの皮膚科でもまずこれを目にします

 

だけど、凍結療法は痛い!

液体窒素をあてられてるときも痛いけど、終わったあとの方がツライ!

ジンジンするし、何かに触れるとビリビリする!

特に足の裏は歩くたびに激痛!

それもそのはず、皮膚をわざわざ凍結させて壊死させてるわけですから、ヤケドみたいなもんです

 

液体窒素療法とは、マイナス196℃の超低温液体窒素を綿棒などに染み込ませて、患部を急激に冷やす(低温やけどさせる)ことによって、皮膚表面の異常組織(ウイルスが感染した細胞など)を壊死させて、新たな皮膚の再生を促す治療法です。

 新宿駅前クリニック

 

痛みはなんとかならないの?

 

いろいろ試しましたが、結論からいうと「鎮痛剤」しかありませんでした

 

足の裏にできていた大きなイボのレーザー治療をおこなった皮膚科で鎮痛剤を処方してもらいました

その薬が効いている間はなんとか歩けましたが、薬の効果が切れるとやはりダメです

 

痛いところを靴底につけないようヨチヨチ歩いていましたが、歩き方がおかしくてだんだんと膝が痛くなったりしました

 

絆創膏貼ったり、靴下を二重にしたりしましたが、大きな効果は得られず

 

でもやらないよりマシかもしれないので、どうしても痛みを感じる方はお試しください

 

痛みがヒドイときは、皮膚科の先生に「鎮痛剤ください」っていうと、もしかしたら処方してくれるかもしれません

ダメもとで言ってみてもいいかも

 

↓こちらも良ければあわせて読んでみてください

「足の裏のイボ」はなぜ治療が大変か - とろやん