Galaxy Foldについて感じる違和感は前面ディスプレイだった

スポンサーリンク


f:id:weviz7:20190221125510j:image

 

ついに折りたたみスマホGalaxy Foldが発表

 

2019年2月20日は歴史的な日となりました。折りたたみスマホという新しいムーブメントを決定付ける「Galaxy Fold」が発表されました。

 

しかし、このスマホに対する違和感が拭いきれない。考えてみるとそれは「前面ディスプレイ」にありました。

 

前面ディスプレイはいらなくない?

 

表と中に2つのディスプレイ、合計6つのカメラ、12GB RAMと最新スマホの技術をこれでもかと盛り込んだGalaxy Fold。イチGalaxyユーザーとして心待ちにしていました。

 

「ついにきたか!」と見てみると、すごくワクワクするんだけど、コレジャナイ感がある。それは前面ディスプレイ。

 

うーん…開けばよくない?

 

ディスプレイが2つあればそれだけバッテリーも消費するし、不具合が起きる確率も増える。ディスプレイの損傷も起きやすくなるだろうし、表のディスプレイが映らなくなったら、内側のディスプレイが使えても修理に出さなければならない。

 

そんなにたくさんのディスプレイ必要かな…と個人的には思うのです。もっと軽くてサクサクしてたほうがいい気がする…

 

もちろん天下のSamsungのことですから、素人では及びもつかないことを裏でやっているんだと思います。それでも2画面いるだろうか…技術についてはわからないけど、中を折り返して縦長で使えるようにすると便利だった気がする…

 

それにしたって高い

 

iPhone XSが15万という価格でボロクソに言われてましたが、Galaxy Foldは20万超えそうです。いやいや、今どきスマホタブレット両方買ったって20万しませんよ。

ただのガジェット好きにすら手が出ない、ガジェットマニアでないと買えない価格じゃないでしょうか。

 

でも持ってみたい!

 

もっと安くならないかなぁ。文句は言うけど、持ったらワクワクするんだろうなぁ。欲しいなぁ。