痛いほど身にしみる転職の書類選考で落ちる人

スポンサーリンク


f:id:weviz7:20190317111221j:plain

 

無職なので転職活動をしています

 

同じく無職のあなた

今日あなたがすれ違ったスーツを着た一見社会人風の男は

実は無職だったかもしれませんよ…ふふふ

 

珍しくスーツを着て外に出てみましたが

スーツを着ている間はなんとなく世の中に溶け込めているようで安心

 

スーツを着ようにも面接がなければ着てもしょうがありません

面接までこぎつけるために通る書類を書かなければなりませんが

それはどんな文章でしょうか

 

転職の書類選考で落ちる人

 

異業種に向けた転職活動をしています

転職活動をしてると書類選考で落ちるのはあまり気にならなくなります

なぜなら異業種だから

 

相当なエリートか万能型の人間ではない限り

凡人であれば異業種転職は年齢が高くなるにつれて難しくなります

 

ただ書類選考で落ちる確率を下げる方法はあるはずです

 

無職の僕の言葉ではなくてまさにどこでも通じる万能型である友人の言葉を借ります

 

自分が自分のために書いた文章になってないか

 

ただ内容を整理しただけの文章になっていないか

相手に突っ込ませるスキのある文章になっているか

 

ここが大事だそうです

 

いま転職活動で苦しんでいる人はどうですか?

採用担当があなたをイメージしやすく

かつ面接で具体的に聞きやすい文章になっていますか?

 

自分で自分を売り込めているか

 

自分が好きなものを人に説明するときにどうしているか

好きなラーメンをオススメするときに「うまい」だけで終わることは無いはず

 

「つけめん」で「魚介がきいて」て「ドロッとして」て「値段が安く」て「あまり並ばない」

 

少なくとも自分もこれくらいの売り込みができるはず

 

「○○大卒」で「前職は○○」で「○○を担当して」て「年間○○件受注して」「社長賞受賞」で「体力は○○を○年間続けているため自信あり」

 

輝かしい経歴がなくとも絞り出して相手にオススメしてみてください

ご縁はきっとあるはず

 

これまでの経験をどう活かして志望企業で何を達成したいか

 

ここがしっかり定まっていれば軸のしっかりした志望動機がかけますが

ここは自分もいままさに改良中です

難しい

コツがわかったらまた書きます

 

ブログの文章はどうか

 

備忘録らしいブログになったかと思います

しかしこのブログはどうでしょうか

備忘録は自分のためにあるはずですが

ネットで公開している以上読んでもらって少しでも誰かの役に立つことをわずかながら期待しているはずです

 

この文章は読んでもらうものになっているでしょうか

 

多くのブログの中でもとてもすんなり入ってくる文章といまいち内容がはっきりしない文章がありますが

読んでいるひとが何が必要なのか

それを前提に書いてある雑記と本当に日記のような雑記では

やはり読み手にとって受け取る印象は大きく変わってくると思います